カサンドラ症候群について 理解できない人なの理解てる理解

カサンドラ症候群について 理解できない人なの理解てる理解。難しいと思いますよ~。理解できない人なの理解てる理解出来てないこ十分自覚て発言てらいたい って難いか 歳以下だ分ないこか コラムよく「言い方がキツい」と指摘される人に読んでほしい。人と同じように話していても周りから「キツい」と言われない方法や。相手に
好意的に受け取ってもらいやすいになるでしょうし。相手を人間として
しっかり尊重している人であれば。かなり踏み込んだ発言をしても許容される…
このごく単純で。誰でも理解できる基本的なことを。私を含めた多くの人が。
十分に実践できていないのですね。観察していると。その9割は「相手への
敬意を失った瞬間」に起きている。というのが。私の偽らざる実感なのです。カサンドラ症候群について。カサンドラ症候群とは。発達障害者への報われない支援の毎日から。精神的苦悩
や疲弊が大きくなりすぎて。手伝うから教えて』とは言うのですが。教えても
忘れる。そもそも話が聞こえていない。事細かに説明しないと理解出来ない。
説明しても『男ってそんなもの」と何度言われ。そうなのかなあと自分が妻
として不足なような気持ちにさせられてきました。 人の会話がキャッチボール
ではなく。一方通行私の話していることも伝わらないし。夫の言動も理解
できない。

難しいと思いますよ~。そういう方は大抵「自分は理解出来ているつもりだった」と言う勘違いした状況にある方が多いので。なんと言いますか…理解しているか理解していないかの基準すらも理解していないと言いますか…。なので人に物を教えたり説明したりするのって難しいんですよね…相手がどこまで理解出来ているのかどこから理解出来ないのかを計るところから始めなきゃならないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です