全訳今は昔 野山まじりて竹取りつつ

全訳今は昔 野山まじりて竹取りつつ。格助詞で合っている。竹取物語の 野山まじりて竹取りつつ よろづのこ()つかひけり ()の の識別って 格助詞か 違っていたら正い答え 竹取物語冒頭「今は昔。野山にまじりて竹を取りつつ。よろづのことに使ひけり。名をば。さぬきの造と
なむいひける。その竹の中に。もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて10。いまは昔。竹取の翁といふもの有{り}けり。野山にまじりて竹を取りつつよろ
づのことに使ひけり。名をば。さかきの造となむいひける。その竹の中に。もと
光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて寄りて見るに。筒の中光りたり。それを竹取物語たけとりものがたり。野山にまじりて竹をとりつつ。よろづのことにつかひけり。 のやまにまじりて
たけをとりつつ。よろづのことにつかいけり。 野山を分け入って竹を取っては
。いろいろな物を作るのに使っていた。 名をば。さぬきのみやつことなむい

竹取物語。今は昔。竹取の翁おきなといふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ
。よろづのことに使ひけり。名をば。さぬきの造みやつことなむいひける。
その竹の中に。もと光る竹なむ一筋ひとすぢありける。あやしがりて。寄野山にまじりて竹を取りつつ。野山にまじりて竹を取りつつ。よろづのことに使いけり。の文は。単語で区切る
と野山/に/まじり/て/竹/を/取り/つつ/。 よろづ/の/こと/に/使ひ/けり/。 でいいです
か? 古文全訳今は昔。作者。不明。 平安時代初期年頃?。 今は昔。竹取の翁おきなといふ
ものありけり。むかしむかし。竹取の翁と言う名前のおじいさんがいま
した。野山にまじりて竹を取りつつ。野や山に入って竹を取っ

格助詞で合っている。①体言に接続している。②断定助動詞ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です