歴史的仮名遣い って?現代仮名遣いで読んだら??欲っす?

歴史的仮名遣い って?現代仮名遣いで読んだら??欲っす?。。って?現代仮名遣いで読んだら??欲っす??欲つす??以って??以つて?ぞれどっちか 漢文で。漢文で。「以ツテ」を書き下すと「以つて」になると思うのですが。これを
ひらがなに直せと言われたら「もつて」になりますか?それとも「もって」に
なりますか? 「つ」か「っ」の違いですややこしくてすみませんにを。がおもがかたづががんぼがさつがさつ者がじつはがすりがせぬがたがたさがたつ
がたりがた減りがた落ちがちがちゃがちゃがちゃつがちょうがっがっくり
がっしり型がったがっちりがっつがってがって。 がっぽりがてきずがてわっが
でるが155。人の道は則すなわち然らず。足らざるを損して以て有り余るに奉ず。孰だれか
能く有あり余あまりて有あるを。取りて以て天に奉ずるものぞ。唯有道者
のみなるか。是を以て聖人は為なして恃まず。功こうを成して処らず。其れ賢

歴史的仮名遣い。その後発音は時代とともに変化して来たが。書き方は最初のまま変えずに書く。
現代仮名遣いでは助詞の「は。へ」を除いて「わ。い。う。え。お」と書く。
死なう→死のう まうす→もうす申す だらう→だろう 散らう→散ろう など
かうかう→高校 ざふきん→雑巾 など 古文の例題 ○ただし動詞には注意が必要。
「~あふ。~かふ。???」などの動詞は「~アウ。~カウ。???」と読む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です