第190回国会 事件の内容明白でない冤罪かれない実無実か

第190回国会 事件の内容明白でない冤罪かれない実無実か。弁護士というものは、如何な理由が有ろうとも弁護する人の不利益にならないように動かねばならないし、法律の適用範囲を解釈の仕方で広げられないようにしないといけない。弁護士の弁護ついて

先日東名高速の煽り運転死亡事故関する裁判などついて色々見ていてふ思ったの 事件の内容明白でない、冤罪かれない、実無実かれない、かやむやまれぬ事情あった、などいった調べて弁護すれば無実?く刑軽くするの妥当な理由見つかるかれない場合弁護士頑張って弁護するの勿論理解ているの

今回の東名高速の事故や、数年前あったような明らかなテロレベルの街中での故意の大量殺人なような場合、『度超えた懲役刑や死刑でなく、妥当な刑?刑期するため弁護する』ため弁護士必要 なの分かります

明らかな肩入れて「被告人こういう事情あったこんな犯罪起こてまった 」や「被告人当時精神不安定だった」いった感じの、達第3者聞いて故そんな裁判 法 の抜け道的なの利用て凶悪な犯罪者の刑軽くようするのか
だけどうて理解できません
死刑行きすぎだ、終身刑くらいするため かならまぁ100歩譲ってか分かります???例えば懲役20年10年なる精神~いうのだけどうて分かりません

刑軽くすればお金たくさんらえる
明らかな犯罪者の刑軽くすれば有能な弁護士て世界で箔付く
難いゲームクリアすれば、難い問題解けば優秀だ思われるみたいな

余談、十数年前 くらいあったある連続殺人事件の受刑者出所て、「弁護士お世話なった」的な発言ていた記憶あるの、子供心「悪の弁護士」いるのかな~ ちょっお馬鹿な疑問持ってい 第190回国会。井出委員 大臣にお尋ねしたいんですが。今。犯罪を犯して。禁錮などでしたら十
年。罰金以下でしたら五年がたてば判決のほかの法律を見ていると。法律には
大体。総則があって目的があるんですが。この恩赦法というものは。古いとは
言っても片岡政府参考人 現状の審査期間が長いのではないかという趣旨かと
思いますが。事件はさまざまでございまして。を集めたものがあって。それを
見ますと。殺人事件。強盗殺人事件とか。懲役十五年ですとか。やむにやまれぬ
事情で

帝銀事件精神鑑定。この前書きは平沢の精神鑑定から8年後に書かれたものだが。平沢が内村らの
発見した狂犬病予防接種後の脱随性脳脊髄炎が一層誇張された形で示されてい
た以外には。平素の状態と大差のない精神状態であったし。殊に自白が催眠術下
になされたすなわち。一審の死刑判決が下ったのは昭和25年7月24日。
鑑定書提出から4月後のことであるが。弁護団は判断すれば。平沢の精神障害
の程度は軽いどころではなく。したがって当然完全責任能力を認めるべきでは
ないという

弁護士というものは、如何な理由が有ろうとも弁護する人の不利益にならないように動かねばならないし、法律の適用範囲を解釈の仕方で広げられないようにしないといけない。今回は、検察が適用しようとしてる危険運転致死傷罪の適用範囲に関して、運転してる間だけでの適用しか認められないと言ってますが、これは妥当です、法律の読み方としては。ただし、今回は本来停車が認められていない高速道路上での事故であり、適用範囲拡大とまでは言えないのでは、と素人目には映りますが。まぁ、どんな屑でも守らないといけないのが、弁護士ですし。多分今回は国選の方でしょうが、ストレス半端無いでしょうね。被告人の謝罪文読んだ後に「これが加害者の立場で言うことか?」って弁護士が被告を非難したのは、不謹慎ですが笑ってしまいました笑あれが弁護士の方の本音なんだろうなと思いますね。今回の裁判で弁護側の主張は、行為自体を否認、否定しているのではなく起訴された罪状が今回の事案には適用されるべきではないのではないか?と主張していると思います。所謂、運転中ではない時期に発生した事故であることと被害者を引き留めた時間が数分であることから危険運転及び監禁罪には該当しないという主張です。私は被告人の行為から高速道路上で無理矢理停車させることで追突事故が起こることは「予見できる範囲」だと考え、適用可能と思います。また、本事案の他にも煽り運転、脅迫行為を何回も起こしているのですから、長期間の実刑で遵法意識等の矯正が必要と思います。はびこる悪を何とする。天の裁き、を待っては、おれぬ。この世の正義もアテには、ならぬ。闇に裁いて仕置き、する。南無阿弥陀仏~。みたいなナレーションの時代劇がウケるのも現代は法の正義が頼りない現実にウンザリしているウサが、そういう時代劇を観たら気晴らし、に、なるからです。いいか!どんな事情があろうとも、人を殺して良い理由にはならないということをみんな理解してない。自分の都合で殺人してはイケないんだよ!唯一認められるのは、裁判によって死刑の判決が出た場合だけなんだよ。一般人に処刑は許されない。法律はそこを蔑ろにしている。法律の矛盾点が有るとしたら、一番の重要事項を裁くことが出来ない不完全な法律だということだ!全てお金の為です。話題の事件で思ったより量刑が軽ければ、今後お金持ちの刑事被告人からのオファーが殺到するでしょうから。世間の批判を浴びるのは最初から覚悟していて、それよりとにかく金?金?金!っていう事です。弁護士の仕事は犯罪者の味方をして法廷でウソをつき、証拠を隠蔽して被害者を泣き寝入りさせることです。これは一部の悪徳弁護士だけではなく全ての弁護士がやっている普通の仕事です。日本の法廷にはウソがはびこっている 例の炎上したマンガ 普通の日本人ならなぜそんな被害者を泣き寝入りさせて犯罪者を野放しにするような国家資格が存在するのか不思議に思うでしょう。なぜそうなっているのかというと、日本の今の法律は明治と戦後に欧米に自分達の国と同じ法律を押し付けられたものであり、欧米の法律は「悪人を許しなさいアーメン」「全能の神ではないただの人の集まりにすぎない国が人を裁いてはならない」という非道徳的なキリスト教の教義と人権思想という考え方に沿って作られているからです。「悪を許さない」「被害者がかわいそう」という正義や道徳は人間なら誰でも持っているものと日本人は考えてしまいがちですが、実は人種が違い精神構造が異なるキリスト教白人は全く持っておらず、キリスト教はそんな正義や道徳よりも個人の国家からの独立の方が大事だと考える恐ろしいカルト宗教なのです。キリスト教の教義に沿って作られた現行法には犯罪者を守るための法律規定はたくさんあるので弁護士は犯罪者を守るほうが簡単です。黙秘権、身体刑の禁止、拷問の禁止、時効、自白を証拠にしてはならない、疑わしきは被告人の利益等、学校では進歩したすぐれた制度として教わりますが、実際に事件に巻き込まれてみるとそれが被害者の救済を甚だ困難にし、ただ犯罪者を野放しにするだけで日本人が望む社会正義と相反するものであるということが分かると思います。弁護士は「国の捜査権や処罰権を拡大すると魔女狩りや異端尋問やポグロムやユダヤ人迫害が復活する」と言いますが、そんなことをするのは遺伝的に残酷で道徳性が欠ける白人だけです。魔女狩りは中世のような昔々の出来事ではなく、欧米ではつい最近までありました。江戸時代以前の日本に似たような出来事はありません。白人はなにかあるとすぐパニックに陥り暴動を起こし、戦場では大の男が大声で泣きわめくそうです。戦時中の日系人強制収容やユーゴスラビアの民族浄化も魔女狩りの一種なので、魔女狩りは現代でも白人が少し混乱状態になると起こしてしまう民族病のようなものと言えるかもしれません。ヨーロッパで被差別民族だったユダヤ人はペストが流行ると「ユダヤ人が毒を撒いたに違いない!」と証拠もない冤罪で死刑にされたり、「キリスト教に改宗すれば許してやる。」と言われて改宗したユダヤ人に対して「内心ではキリスト教を信じてないに違いない」と言いがかりで死刑にされたりしていました。ちなみに昔の日本で伝染病が流行った場合は「不遇な目に合った人の祟りに違いない!」ということになって速やかに対象者の名誉回復措置がなされ、怒りを鎮めるための盛大な祭りが行われます。上の「黙秘権?疑わしきは被告人の利益」までの過度なまでの犯罪者の保護規定や、弁護士制度、思想良心の自由、信教の自由、ヨーロッパの死刑廃止などの「人権」は今や世界一の金持ちとなって法律に口を出せる立場になったユダヤ人が二度と「人間」扱いされない迫害される立場に戻りたくないという執念の結晶でもあります。しかし日本では魔女狩りやユダヤ人迫害など、言いがかりで民衆を逮捕、虐殺する為政者などはいなかったので、過剰な犯罪者の保護規定人権規定の押し付けはただ犯罪者を捕まえるのが困難になるだけで迷惑な話です。ヨーロッパだけで勝手にやってればいいことです。二度と迫害されたくないユダヤ人はその支配する金融とメディアの力を使って世界中で王政を打倒し、道徳を荒廃させ、移民を推進して拝金主義、グローバリズムに世論を誘導しようと策動しているという噂もあります。 また弁護士を擁護する人は「弁護士は人権を守る大切な仕事だ!」と言います。人権とは中学校で「人間が人間として当然に持っている権利」と意味不明な説明をおぼえさせられ、文字的にも人間の権利と読めるのでよく分からないけどなにか人間愛にあふれるようないいものなのかと錯覚している人も多いと思いますが、ちなみにこの説明も「国に与えられたのではなく神が個人に与えたものだ」というキリスト教の宗教観が元になっています人権とは国権に対する概念で「個人が公共国のための協力要請を断る権利」のことです。世間ではいじめや虐待を人権問題と言うこともあるので混同されますが、いじめや虐待の加害者は国ではなく一般人なのでその人権?は法律的な意味の「人権」とは何の関係もありません。いじめや虐待を人権問題と言って中学生に人権作文のテーマとして書かせるのは人権派が人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュし、人権がいいものだと何も知らない学生を騙すための洗脳工作活動なのです。現実に犯罪者の自由権が憲法で守られているのに対し、いじめや虐待被害者を守る法律、制度は何もありません。言わば学校教育を利用して国民に間違った洗脳をしているわけで、弁護士はそんなことはもちろん知っているわけですが、弁護士もその洗脳の利益を受ける側なので一緒になって国民を騙しているのです。よく「犯罪者の人権と被害者の人権のどっちが大事なんだ!」という人がいますが被害者の人権なんてものはありません。人権の中の「社会権」の説明に「人間らしく幸せに生きる権利」というものがありますが、それは具体的には生活保護や図書館を利用する権利などのことで、「いじめや犯罪被害にあわず幸せに生きる権利」ではありません。つまり人権とはあくまでも「犯罪者容疑者の自由権」が本体本質であり、本来「個人権」とでも訳すべきもので、国家は魔女狩りや初夜権や異端尋問を行うような何の道徳性もない暴力装置でしかないという個人主義のキリスト教国で残虐な白人がいない日本には必要がない「自分さえよければ他人がどうなろうが構わない」というようなろくでもないもので、それを守る弁護士も日本には必要がない仕事です。「国や法律に道徳性を求めるほうがおかしい」とすらうそぶくキリスト教系西洋法学に支配された現代は我々日本人にとって天道も仏法も絶えた魔王に世界征服された後の世界と言っても過言ではないでしょう。白人とキリスト教と人権思想を日本から駆逐しない限り日本に正義道徳が戻ることはありません。人間は皆弁護士を付ける権利を持っており、弁護士の役割は弁護をする事ですそして裁判で判決が下るまでは、例え10人殺してようが、悪ではありませんし弁護士はその人のプラスになる事をやるだけですつまり結果的に悪人だった人をあの手この手と弁護をしたからと言って、その弁護士が悪かと言われたら違いますよねだって悪人を弁護してるわけではないからですあの手この手と弁護をしてる時は、まだ判決が下ってないので、悪人ではなく、あくまで一市民だからですなので犯罪を犯し罪状を言い渡された弁護士さんでもない限り、悪い人はいないのかなと思います弁護士って別に聖人君子ではありません。それは裁判官でも検察官でも同じです。司法試験資格に合格し、仮に成績優秀な事と人格だの人間性はまったく別ものです。裁判官は、特に優秀な人だけがなれるらしいです。有罪判決が確定した後であっても証拠を精査し無罪を確信し、完全ボランティアで戦う弁護士もおられます。いや、ぜんぜんお馬鹿な疑問ではないと思います。私も、よくテレビで凶悪犯と思われる人についた弁護士が、精神鑑定やらその時の過程におけるなんだかんだを理由にして刑を軽くしようとする様を見て、もし、私がもっと若くて頭が良かったら、弁護士よりも検事になりたいものだわ、こうい奴にはもっともっと重い刑を課せねば!と憤慨したりしたものです。やはり、弁護士にはどれだけの成果があるかが、その弁護士としての格に関わってくると思います。法の抜け目を上手にくぐって、少しでも刑を軽くできたり、もっと言えば無罪にできる弁護士が優秀な弁護士と言えるのではないでしょうか。今回の、煽り運転の被告についている弁護士の言い分は、屁理屈としか思えません。逆に検察側も、たとえ無実の人を有罪判決にしても、自分たちのキャリアアップになるという事です。仮に無罪判決が出てしまうと、検察側のキャリアに汚点がつく訳です。法律の世界とは、そういうものだと思えば良いでしょう。マトモな倫理観を持ってる人間はできない職業でしょう。サイコパスが選びやすい職業でもあります。日本で唯一の交通事故鑑定人の団体、日本交通事故鑑定人協会よりご回答申し上げます。今回は、弁護士と付き合いの深い我々が、弁護士の実情に関して裏の裏までお教えいたしましょう。まず、最近は弁護士も食えない存在であることを知ってください。スーツはよれよれ、靴はボロボロの弁護士が多いのです。ですから、どのような仕事が来ても、昔のように仕事を選ぶことは少なくなりました。「私は借金問題に強い。」「私は交通事故にも強い。」等と同じ弁護士が、様々な事件に強いと、自ら宣伝しています。…こんなのは眉唾と思ってください。実際、交通事故の裁判経験のない弁護士が、「交通事故に強い。」と言って、あちこちから依頼を受けるのですが、結局、何をどうして良いのかわからないので、我々に助けを求めてきます。…ここで、交通事故裁判に関して、一般の方は知らないので申し上げておきたいと思います。交通事故裁判にも二種類あるんです。一つは、民事事件で、これはいくら相手に賠償請求するかの裁判です。もう一つは、刑事裁判で、検察官が事故の当事者を有罪にするか無罪にするかの裁判です。日本国民として是非知っていただきたいのが、刑事裁判の怪しさです!刑事裁判は、まず、警察が事故調査した内容を、検察官が起訴することで開始されます。検察官も、裁判官も、警察の事故調査を鵜呑みにしていますから、被告は起訴されたら、まず有罪にされます。刑事事件というのは、被告にとって完全にアウェイの裁判なのです!そのような時に、被告の無罪を証明できるのは、弁護士と我々交通事故鑑定人だけです。『実際に、いくつもの刑事裁判で、警察の捜査がいい加減で、提出された証拠が、警察の捏造証拠である事を証明し、無罪を勝ち取ってきました。』…警察という組織は、最初に結果ありきで、事故の当事者のどちらが本当に過失があるかなどよりも、適当な理由をでっちあげて被害者を加害者に仕立て上げてしまう事が多いです。こんな時は、本当に優秀で、金よりも正義を重んじる弁護士が必要なのですが、そんな弁護士は、1000人に1人居るかどうかです。

  • twitter のアカウントから自分の投稿に罵詈雑言を書
  • 碧翠寮?茜寮 私は近畿の寮のある高校に行きたいのですが中
  • Reframe 普段大人しいのに舞台やステージの上ではキ
  • 男友達の難しさ 一度友達と認識した男性は異性としては見れ
  • 空条承太郎 アニメとかコミックとかゲームとかでとにかく流
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です