2013年に購入した 代替処理保留中のセクタ数の健康状態

2013年に購入した 代替処理保留中のセクタ数の健康状態。「C5:代替処理保留中」の場合は要注意。代替処理保留中のセクタ数の健康状態『注意』なって
どうたら改善の可能性あるでょうか 2013年に購入した。すぐに をチェックして見てみると。健康状態が 「正常」 から 「
注意 」 に変わっているとともに。 代替処理保留中のセクタ数 と健康状態が1年以上「注意」になっているHDD。と出ている。しかし。今現役となっているノート に載っているの
がもう2~3年程ずっと健康状態が「注意」 のまま。注意項目は
「代替処理済のセクタ数」と 「代替処理保留中のセクタ数」の2「代替処理保留中のセクタ数」で警告が出たHDDの修復テスト。補足注意。「代替処理済のセクタ数」が増加してしまった場合。このページの
方法では修復できない。また の コマンドでも修復はできなかっ
た。 「代替処理保留中のセクタ数」は「一時的にエラーが出たクラスタ」に「
保留状態」というインデックスを付けた状態で。次回アクセス時に再チェックを
行い状態判定をやり直す仕組みになっています。 そしてこの「状態

『CrystalDiskInfoの健康状態で注意と表示されたのですが。を実行してみた所。健康状態の表示は注意でした。 代替処理保留中のセクタ
数 回復不可能セクタ数 特に落としたり不良セクタがあるHDDをローレベルフォーマットで利用可能にする。今回は上記のを選択し。をローレベルフォーマットして。代替処理保留中
および回復不可能セクタを全て処理済のセクタ。代替処理保留中のセクタ
。回復不可能セクタが存在し。健康状態が「注意」となっ購入1年のHDDWD30EZRZの健康状態が早くも注意状態に。健康状態「注意」; 「 代替処理保留中のセクタ数」の値に変化が…あと
右端にも注意状態の,ドライブがありますがこれ年月頃に異音がし
て注意状態になったなんですが現在も

代替処理。「」というソフトでのチェックをすると。外付けの健康
状態が「注意」と表示され。下の項目が黄色表示注意になっていました。「
代替処理済のセクタ数」「代替処理保留中のセクタ数」「回復「CrystalDiskInfo」の見方。健康状態の「注意」表示は。「健康状態設定」で指定されている基準値しきい
値をもとに判定されます。 デフォルト初期つまり。「代替処理済のセクタ
数」と「代替処理保留中のセクタ数」の「生の値」です。 どれだけ不安定な

「C5:代替処理保留中」の場合は要注意。05:代替済みになってしまえば、寧ろ安心。安全策を取るなら買い換えた方が良いです。メーカーや機種によっても違うだろうし、ネットの掲示板等々の情報であって、メーカーの正式見解ではないので、その点をご注意の上で、お読みください。① リードエラーになると、C5:代替処理保留中に入れる。② 当該セクターが、たまたま、正常に読み取られると、C5から外して、正常セクターとみなしてしまう製品がある。③ 当該セクターに書き込みが行われる場合、直ちに代替セクターに移行させずに、問題セクターに書き込みをして、正常に書き込まれれば、C5から外して、正常セクターとみなしてしまう製品がある。つまり、一度リードエラーとなった「問題がありそうなセクター」が、正常セクターのなかに混在しているという状態になる製品があります。運が悪いと?ある日突然、読取不可となったまま、回復できずに、データー消失することもありえます。実際に経験済みです。本来は、一度でもリードエラーになったセクターは、再度正常に読めたとしても、安全サイドに考えて、代替セクターに変更して欲しいと思うのですが、そうしないメーカー又は機種があるようです。C5があるので、なんとか代替セクターに移行させてm「05:代替処理済み」にできないか、何回も全セクターリードをしたり、別HDDに完全バックアップの上で、全セクター読み書きテストを繰り返してみたのですが、どうしても代替に移行できずに、結局データー消失になってしまった事があります。ネットなどでは、「エラー数が増える傾向になければ大丈夫」という意見が多いようですが、それは、一般的傾向に過ぎず、必ずしもそうとは限りません。勿論、SMARTは、正常値なのに、突然お亡くなりになるHDDもあります。何百台ものHDDを扱う業務用で言えることと、数台のHDDしかなく、RAIDもバックアップも完全でない場合とでは、考え方が違います。結論:A RAID冗長構成で、バックアップが十分であれば、多少のSMART警告があっても、使って大丈夫。B RAID冗長でないか、バックアップが不十分であれば、安全策を取るなら、買い換えた方が無難。「代替処理保留中のセクタ」は神経質になる必要はありません。HDD本来の機能として、HDD自体がバッドセクタと認識した場合はHDD内の予備セクタを代替領域として利用します処理が終わると下記状態。?代替処理保留中のセクタは代替処理の終了したセクタ数が減算されます。?CrystalDiskInfoの代替処理済セクタ数が増えます。?HDDのシーク頻度が上がるので若干HDDのアクセス速度が低下します。保留中なので、次回読み取り時に再度検査して駄目だったら不良セクタに行く。全領域の読み取り、書き込みテストを行えば、保留待ちが消えることもある。データも消えるけど。保留ってのは、データを読むなり書いたりしたときに怪しかったので、どうすっかな!と一旦保留にしている状態。

  • Szczegó?y 下線を引いただってはどういう意味です
  • TOEICR readが過去分詞でthemを修飾している
  • ヨネックス 今ジオブレイク70sのラケットにミクロパワー
  • オートロックとは 本日10月1日から新居に引越日なのです
  • 女性病医院 泌尿科の病院にいったらどんな風に検査するんで
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です