commonsense/metanl 因みトランプへの手

commonsense/metanl 因みトランプへの手。単純な話です。日本ステルス戦闘機って必要でょうか

防衛予算つぎ込むの周りヤカラばかりなので反対ません、ステルス機って必要かね ステルス輸送機ならまだ戦闘機先制攻撃か役立たない思うの

大小兼ねる(普通の戦闘機て使えるのだステルス機能付いてた方良いんじゃね )的な発想で購入する高すぎます、通常の戦闘機比べて維持費の差馬鹿ならない思うの

日本ステルス戦闘機必要な理由

因みトランプへの手土産で武器の輸入1兆円歳出するならステルスでなく、普通の戦闘機+っ前線防衛戦張れる空母やイージス艦やアショア使った方良くないか

※1兆円の歳出今朝「F 35ステルス戦闘機100機追加購入で1兆円」いうニュース見たため 孫正義の「手土産外交」の狙いはどこにあるのか。片山修 界の舞台で。もっとも影響力がある日本の経営者として。真っ先に
ソフトバンクグループ社長の孫正義氏の名前をあげることに異論はないだろう。
その大物ぶりを証明したのが。12月6日に行われた次期米大統領ドナルド?
トランプ

25。週間でキロ減 脂肪燃焼スープ+所定の日替わり食材が基本/終盤は肉も/
味変調味料一覧 最前線 在宅でできる最新急拡大 政治 責任放棄が繰り返される
感染対策 「日本モデル」のおごりが生んだ無策/第波「努力しなくても制御
できイタリアの人調査/一因は「肺胞の線維化」/味覚?嗅覚障害のなぞ
ワクチン輸入「前のめり」の先の抵抗 尾身茂兆円以上企業配当利回りトップ
/騰落率ワースト&ベスト 第2特集 新型コロナ最前線 国際 米仏の原子力空母
などで特集。社民党は日の臨時党大会で立憲民主党との合流問題を協議するが。党の”分裂”
阻止に力を尽くしてきた各府県連合及び政府農水省国際部国際経済課の
グラフを見ると。農産物の輸入量は年に兆円強だったのが。ほぼ右肩
上がりに政治家に圧力をかける方法 元衆院議員が示唆~ 国会事務所でなく「
地元」の与党議員事務所に声を届ける~ 日本政府がステルス戦闘
機「」を追加で機。アメリカから購入する検討に

[憂国の嘆き]の記事一覧。クリル諸島における住民の生活は。快適で魅力のあるものとならなくては
ならない。との見解を。クリル諸島を訪問したロシアのもし領土問題に固執
するならば。前原外相のモスクワ訪問の効果は薄いものとなるだろう。対中
関係共同通信 斎藤記者政府としての対中国の戦略についてお伺いします。1
つが。菅総理が。今度。有識者の皆さんを集めてこの考え方で言うと。農水省
の試算するマイナス4兆円という数字と妙に符合するものを感じる私は経済
政策上という観点コロナ禍の米で。公式な統計によりますと。アメリカにはおよそ2億万丁から億丁の銃が
存在しており。これはすなわち国民およそ人当たりに1丁の銃が存在する計算に
なります。 ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧
ください。

The。&#;&#; &#;-&#;
/// –
– の にcommonsense/metanl。&#;&#; &#;-&#;
/// –
– の
に「安倍首相はトランプ大統領の親書を尻に敷いた」デマ広がる。要するにの報道ではなく。イランの保守派が作成したアニメーションが発信
元というわけです。 ※『』は機密性の高いメッセンジャーアプリ。
メッセージを暗号化することで通信内容を保護し。削除された

単純な話です。ステルス戦闘機は空戦で圧倒的に強いからです。戦闘機が空戦で弱かったらそれこそ持つ意味がないでしょ?強い理由は「敵より早く発見し、先制攻撃をかけて敵を落とすことができるから」です。通常の戦闘機は戦闘機用レーダだと200キロ以上先で探知されますが、ステルス機なら90~50キロくらいまで探知されません。つまり先に相手を見つけることができる。そのためこちらは相手に気付かれることなく有利な敵機の後方などに回って襲いかかることができる。敵機がステルス機に気付いた時にはすでにステルス機はミサイルを発射しており、一方的にミサイルで落とされてしまう。これがステルス機の戦い方「ファーストルック?ファーストキル」です。F-22や日本の導入するF-35ステルス戦闘機のキャッチフレーズになっています。この戦い方によって演習ではF-22もF-35も極めて高いスコアを出しています。F-22は通常のF-15などを相手にした模擬空中戦で118:1つまり1機落とされる間に118機と撃墜したF-35も15対1といった圧倒的なスコアを出しています。ロシアや中国も同じようなステルス戦闘機Su-57やJ-20といった戦闘機を開発し、配備を始めています。?中国やロシアのステルス機に同じステルス機で対抗するのか??それとも安い通常の戦闘機で立ち向かい、先制攻撃を受けてバタバタ落とされるのか?どっちを選びます?戦闘機にとって何より大事なのは空戦に強いこと。その点でこれだけ圧倒的な強さを持つステルス機を導入しない手はないと思いますよ?●F35ステルス戦闘機100機購入 中国迎撃 護衛艦「いずも」空母化も現実味 夕刊フジ日本政府が、防衛力の本格強化に乗り出したようだ。最新鋭ステルス戦闘機F35「ライトニングⅡ」を、米国から最大100機追加購入する検討に入ったと、複数メディアが報じたのだ。実現すれば、導入予定のF35と合わせて140機体制となる。海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の空母化多用途母艦化も現実味を帯びてきた。中国が3隻目の空母建造を公表するなど軍事的覇権を強める中、国民の生命と安全や、沖縄県?尖閣諸島などの領土を断固として守る態勢を整える。「せっかくある装備なので、できるだけ多用途に使っていくことが望ましい」岩屋毅防衛相は27日の記者会見でこう述べ、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦を空母化するよう改修し、短距離滑走での離陸と垂直着陸が可能なF35Bを運用することに前向きな姿勢を示した。政府が来月に策定する新たな「防衛計画の大綱」には、「艦艇からの航空機の運用の検討」と明記することが検討されている。岩屋氏は「短い滑走路で離陸できる性能を持った航空機だ」「航空機体系全体をどうするかの1つとして検討している」と話した。これに関連し、日本経済新聞電子版は27日の夕刊で「政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」を米国から最大100機追加取得する検討に入った」と伝えた。ロイター通信も同日、「与党内では、F35のA?B型を計100機購入する案が浮上」と報じた。F35は高いステルス性能に加え、味方との間で敵情報を共有できるネットワーク機能が最大の特徴となっている。自分のレーダーでは見えない敵機が、連携する味方のレーダーに映っている場合でも、自分の目で見ているような状態で攻撃する使用方法が想定される。空軍仕様のA型、短距離滑走での離陸と垂直着陸が可能な海兵隊仕様のB型、艦載機型のC型に分かれる。このうち、日本ではAタイプが今年、航空自衛隊三沢基地に配備され、政府は計42機の導入を決定している。F35の100機導入が決まれば、日本は計142機のF35を運用することになる。ロイター通信の記事には、追加購入となる100機の内訳について、「与党議員の中では、中国、ロシアの航空戦力が拡充される中で『F35のA型であれば60機程度でF15?100機相当の防空能力がある』として、A型を60機、垂直着陸が可能で空母搭載に対応したB型を40機の計100機の購入が望ましいと主張する声がある」としている。 100機の取得額は1兆円超というが、対日貿易赤字に悩む米国は日本に防衛装備品の購入を求めている。来年1月の日米通商交渉を見据え、日本にとって有力なカードとなり得る。「いずも」の空母化、F35の大量導入には、左派野党やメディアを中心に反発の声が上がるのは必至だが、日本の安全保障環境を考えると、踏み切らざるを得ない事情がある。東?南シナ海への野望を燃やす中国の存在だ。中国国営の新華社通信が最近、中国軍の3隻目となる新型空母について「建造中」と伝えたのだ。中国は国策である「海洋強国」建設に向け、空母開発を加速させており、将来的には4隻以上の空母運用を目指しているとされる。現在、尖閣諸島の防空は、沖縄の那覇基地にあるF15戦闘機が当たっているが、到達まで約30分かかるとされる。中国空母が東シナ海に展開すれば、我が国の尖閣諸島の実効支配が揺らぎかねない。日本にとって、決して座視できない動きと言える。こうした中、F35の140機体制は、どんな効果があるのか。評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「尖閣防衛を考えれば、現在のF15で対処するより、最新鋭ステルス戦闘機であるF35の導入は安心できる」と言い、続けた。「中国は、装備面でもミサイルでも数の力を誇る傾向があるので、ネットワークでつながることのできるF35は、数に頼る中国に対抗できる」「F35Bの導入数によっては、『いずも』1隻の空母化という話ではなく、本格的な空母の保有、新たな建造を含めた動きになっていくのではないか」「例えば、仮に20基ということになれば、飛行隊が形成できる数になるので、お試し的な話ではなくなる」「中国にとっては、目の前の敵が米軍だと思っていたのに、そうではなくなる」「高い抑止力になる」●F35戦闘機 最大100機追加取得へ 1兆円、政府検討11:22日本経済新聞 電子版政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」を米国から最大100機追加取得する検討に入った。取得額は1機100億円超で計1兆円以上になる。現在導入予定の42機と合わせて将来的に140機体制に増える見込み。現在のF15の一部を置き換える。中国の軍備増強に対抗するとともに、米国装備品の購入拡大を迫るトランプ米大統領に配慮を示す狙いもある。 ●日本政府、F35最大100機の追加取得検討水 12:07配信 AFP=時事 AFP=時事日本政府が最新鋭ステルス戦闘機「F35」を最大100機、米国から追加取得することを検討していると、日本経済新聞Nikkeiが27日夕刊で報じた。地域で増大する中国の軍事的プレゼンスに対応することが目的で、取得額は1兆円を超える。日本はすでに米国から42機のF35を取得することを決めている。ドナルド?トランプDonald Trump米大統領は巨額の対日貿易赤字を念頭に、軍備を含む米製品の購入拡大を日本に要求している。同紙は、F35の追加取得は防衛力整備の指針となる「防衛計画の大綱」が発表される来月半ばに閣議で了解するとの見通しを伝えた。防衛省報道官は報道内容の確認を拒み、F35の追加取得に関するあらゆる事項は検討中だとだけ述べた。● / 17:30 / 1日前「いずも」空母化やF35B導入、防衛大綱に明記へ=関係者[東京 27日 ロイター] 政府は12月中にまとめる新たな「防衛計画の大綱」に、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の事実上の空母化や搭載する最新鋭のステルス戦闘機「F35B」の導入を明記する方向だ。政府関係者が明らかにした。 与党内では、航空自衛隊が保有するF15戦闘機の後継として次世代ステルス戦闘機F35のA?B型を計100機、計1兆円程度購入する案も浮上。財政支出膨張に歯止めをかけたい財務省などとの綱引きが激しくなりそうだ。 岩屋毅防衛相は27日の閣議後会見で、いずも型護衛艦について「せっかくある装備なので、できるだけ多用途に使っていくことが望ましい」と表明。F35Bの導入についても「短い滑走路で離陸できる性能を持った航空機だ」「航空機体系全体をどうするかの一つとして検討している」と述べた。 自民党が5月に示した防衛大綱に向けた提言では、いずも型護衛艦を空母化改修する「多用途運用母艦」とF35Bの導入が盛り込まれ、大綱および同時に策定される、今後5年間に自衛隊がそろえる装備品や費用を示す中期防衛力整備計画中期防での焦点となっている。 従来の政府見解では、遠方に攻撃型の戦力を投入できる空母の保有は日本が掲げる専守防衛との整合性を問われる可能性があるとされていたが、今回の防衛大綱の作成時に論点を整理する。 <次世代ステルス機100機?1兆円購入案、与党内で浮上> 自衛隊は現在200機保有するF15の半分を改修する予定だが、改修に適さない残り100機の取り扱いも焦点となっている。 与党議員の中では、中国、ロシアの航空戦力が拡充される中で「F35のA型であれば60機程度でF15?100機相当の防空能力がある」として、A型を60機、垂直着陸が可能で空母搭載に対応したB型を40機の計100機の購入が望ましいと主張する声がある。 政府が100機購入を決定した場合、来年1月から始まる日米通商交渉での有力な交渉カードになる可能性があるとの声が政府?与党内にはある。 トランプ大統領は今年9月の日米首脳会談直後に「私が『巨額の貿易赤字は嫌だ』と安倍首相に言うと、日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれることになった」と表明。日本の防衛装備品購入に期待している。 トランプ政権は年間7兆円の対日貿易赤字削減を繰り返し主張しており、日本に対して「赤字削減には自動車輸出削減や自動車の米国生産拡大、米国からの輸入拡大の全てが必要」ハガティ駐日米大使と明言している。 ●中国3隻目の空母「順調に建造中」…公式に報道 19時35分 読売新聞北京=中川孝之中国国営新華社通信は25日、中国軍の3隻目となる新型空母について、「順調に建造中だ」と伝えた。中国の官製メディアが公式に報じるのは初めてだ。新華社は性能や建造場所には触れていないが、3隻目は甲板に最新式の電磁式カタパルトを備える予定と指摘されており、上海で建造中とみられる。今回の報道は、ウクライナから購入した船体を改造した1隻目の空母「遼寧」が、艦載機の発着艦に成功してから11月で6年となることを記念したものだ。遼寧省大連で建造中の2隻目についても、「就役間近だ」と強調した。ステルス戦闘機は敵国としては脅威だと思いますよ。だったら必要なのではありませんか。また軍備関係は極秘という事ですよ。あるのか、無いのか分からない処が相手の恐怖心を誘うのだと思いますよ。お互いに腹の探り合いで、だからスパイが潜入するのですよ。潜水艦もステルスは高いから駄目!と同じ理論ですよ。ステルス性の低いF-2で、1機130億くらい。F-35、お買い得じゃん。で、これからの戦闘機は「ステルスが標準」になるわけ。この先20年は使うんだから、標準性能の戦闘機買うだけの話。もしかして、なんだけど、戦闘機VS戦闘機の「先制攻撃」と国VS国の「先制攻撃」を同じ意味に捉えてない??逆に言えば、今の戦闘機同士の戦いは「先制できなければ負け」くらいイニシアチブが重要なんだけど。①周辺国がステルス機を保有する中で、対策をたてる上で、同種の機体を保有し対策を研究するというのは一番手っ取り早い方法ロシアはSu-57、中国はJ-20やJ-31などを開発している。技術実証機のX-2だって、ステルス機がレーダーにどう映るかってのも、実証するのも、開発の1つの目的だったからね。ただもう試験は終了して飛んでいないけど。②ステルス機といえど、平時はレーダーリフレクターを取り付け、レーダーに映るようにしている。F-35の場合、ビーストモードという、主翼にも兵装をぶら下げるモードもある。③F-35はステルス性能だけ注目されがちだが実際ステルスしかないと回答している人もいる、光学照準装置などは、偵察機材としても優秀で、災害発生時にスクランブルしたF-35が昼夜関係なく災害現場の撮影をし、映像や写真を司令部などに送信し、早い状況把握が可能。戦術偵察機としても優秀。 北海道胆振東部地震の際に、航空自衛隊のF-35Aがすでにスクランブルの任務に就いていたら、おそらく三沢基地からスクランブルをして、被災地の撮影をしていたはず。④F-35、E-2Dアドバンスドホークアイ、イージス艦をネットワークシステムシステムであるNIFC-CAで結ぶ事により、イージス艦のレーダー探知外でも、F-35やE-2Dが捕捉した対艦ミサイルなどをイージス艦のレーダーが探知する前でも迎撃が可能になる。他の候補機だったF/A-18E/Fやタイフーンじゃここまではできない。⑤EOTSという光学照準装置は、弾道ミサイルの発射を捕捉する事にも成功している。もっとも戦闘機に搭載する弾道ミサイル迎撃ミサイルの開発は中止にはなっているけど、イージス艦より前に出張っているF-35が、イージス艦にデータを送信しイージス艦が迎撃にそのデータを利用するとかはできるんじゃないかな?NIFC-CAがそこまでできるのかは不明だけど。攻撃してきた敵機に対し先制攻撃をかけるのに必要でしょう。専守防衛でいくなら、相手より数段上の能力をもたせないと、現憲法下では先の先や対の先は封じられ後の先しか手がないのですからね。ステルス性がなければ敵戦闘機はレーダーに映らない、敵レーダーからはこちらの戦闘機が丸見えってんで一方的に空戦に負けるだけになるよ?ステルスってのは侵攻作戦や隠密作戦だけが目的でつけられてるんじゃない。むしろそっちのほうがおまけで、本質は敵より有利に戦えるようになるために付与されているんだよ先制攻撃を許す普通の戦闘機では全滅に近い被害が出ると思います。中国が太平洋制圧に日本侵略に本腰いれて来てますから。尖閣諸島、沖縄諸島。尖閣問題にはアメリカも参戦宣言し、新たに数ヶ所自衛隊基地設置を決定。中国統治で日本は第2のウイグル自治区になりますね。9条信者や自衛隊を違憲とし無くせ、防衛費減らせと叫んでる奴は奴隷になりたいんでしょうね相手がステルス戦闘機で攻撃してきたら、輸送機で迎撃するのは無理ですね。迎撃に向かう時に、向こうのレーダーに丸移りって嫌でしょ? 一方的に不利。日本の主力戦闘機は30年前の基本設計と古く、改良を加えて使ってきたものです。2020年頃から製造年によって順次退役していくので代替機が必要になります。自衛隊のパイロットの技量は優れていると言われていますが、新しい世代の機種と交戦するのに限度というものはあります。次期戦闘機はまた未定。UKとの共同開発案が検討されてきていて、最近ロッキードがF22ベースの共同開発日本50%という提案を持ってきているらしい。単純な話、韓国が日本を仮想敵国として見ているので必要だと思います。極端な事ぶっちゃけるとステルス機以外ないってのが現実。世界を見渡してステルス性を考えなくても他の性能面でF-35より良い機体って無いよ。*中露は調達出来ないから除くね。欧州勢は、まぁ、ダメ。タイフーンもラファールもそもそも当事国が改修する気が然程無い。早晩老朽化する。そんな代物調達してもしょうがない。*独仏は共同で新鋭機作るし、英はイタリアとかとやっぱり新鋭機作るし日本にもオファーはある。北欧のグリペンなんて大型機が欲しい日本の国情に合わない軽戦闘機。米国機だとF-15系列かF-16系列か、F-18系列のどれか。F-16はそもそも空自がF-16を母体にしたF-2を運用しているので追加調達してもしょうがない。F-15はF-15C系列で近代化改修したF-15MJが今の空自の主力機。戦闘爆撃機のF-15E、その改修モデルのF-15SEとかあるけど、これはF-35Aよりお高い韓国に納入されたF-15EベースのF-15K1億3000万ドル。その最新鋭版となると更に更に。となると残りは海軍機のF-18系列だけど、海軍機買うなら素直に陸上型のF-35Aで良いんじゃないって感じ。F/A-18E/Fの改修版も多分値段変わらない。なので今の日本に調達し易い戦闘機に非ステルス機なんて無いんだよ。というか100機1兆円で済むならF-15より安いよ。まぁ、調達数が少ないF-15とアメリカはじめ2000~3000機調達するF-35Aなら値段も抑えられるのかもしれないけど。*イージス艦、空母はダメ。海自が死ぬ。今の海自は結構ブラックな労働条件になりかねないぐらい人手不足だから。大型で人手がいるイージス艦とか空母とか建造するよ、でも人は増やさないよなんて寝言言ったら海自の自衛官がキレる。*昨日のいずも空母化でも多分ニュースで知った海自の隊員とか真っ青になっていると思うの。航空機関連は空自がやってくれるかもしれないけど海自に負担が無いわけないんだから。*因みに海自も分かっているのか、現在建造中のまや型イージス護衛艦2隻を建造したら10年ぐらいは海自は大型艦は建造しないよ。年2隻ペースで延々と20隻以上3900トン型護衛艦フリゲートを作るみたいだから。単純ですよ空対空戦闘や空対艦で先に敵を発見し先手を打てます日本は専守防衛ですから、自国を火の海にして日本を守ると言う事です。攻め込まれても 相手の国を攻撃できないし 戦略兵器はもつ事が許されない。戦闘機は戦術兵器であり保持できるが戦略兵器はもてない。戦略兵器が持てないと言う事は、ミサイル 空母 原潜 爆撃機は保持できない。戦争をする実力は無いし、戦争を終わらせる実力も保持できない。だから日米同盟が有る訳で 国連にも加盟している。アメリカ軍は日本を守らないが、アメリカ軍は国連軍となり 相手国を攻撃して戦争を終わらせる。だから アメリカ軍が極東に展開している軍は 戦略兵器中心に展開され 日本には海兵隊まで駐屯している。海兵隊とは上陸部隊でもある。ステルス戦闘機は先制攻撃に有用ですが、普通の空戦でも有用です。F-15対F-22の模擬空戦の結果を御存じないのでしょうか?。ステルス能力がないと、全く勝ち目はありません。ですので、専守防衛でもステルス戦闘機は必要です。イージス艦は必要ですが、空母は個人的には不要だと思います。空母3隻整備して活動させるなら、その予算で戦闘機200機配備したほうが有用です。必要です。現代の航空戦はステルス性とアビオニクスで決まります。第4世代の戦闘機はボクシングの世界チャンピオン、第5世代戦闘機は銃を持った透明人間と例えればわかりやすいかな。格闘性、機動性では第4世代戦闘機が上ですが、第5世代戦闘機とは言っても実践配備されている第5世代戦闘機はF22とF35だけなんだけどね。中国のJ20は第4世代++戦闘機だし、ロシアのT50はまだ試験中は高いステルス性で敵戦闘機に見つかることなく撃墜できます。これからの時代はステルス性能がなければ敵を見つけることすら難しくなるわけ。だから今のうちからステルス戦闘機に慣れておくのは必要です。イージス艦はともかく、仰るF35ステルスとか、そういう戦闘機を載せる意図のあるヘリ空母とか、疑問符の残る軍備増強が近年多すぎですね。トランプのいいなりになって日米の貿易不均衡を見た目正すための対米おべんちゃらがおおすぎると思いますよ。もっとそれらを教育や政府赤字をへらすためにつかうべきでしょう。明らかに無駄金です。ステルスじゃなければ戦闘機じゃない時代がすぐそこまで来ています。今後20年使い続けるのに現在でも陳腐化している機体を買う意味はありません。

  • 生計維持者について お互いに給与を出し合って生活している
  • ハムスター 今日うちのハムスターが前足を上げたままで地面
  • Gallery と思いちらっと見るとこちらを見ていたので
  • 麒麟が来る どっちも神曲だと思うんですが出だしのところが
  • ベストコレクション 今日のフォートナイトのショップでバス
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です